「なんだか感じがいい」は細部に現れる

私の仕事は98%がオンライン。だからこそ気をつけているのがzoomの画面背景です。 

もともと植物を飾る習慣はありますが、今週は自分の撮影があったのもあり、ただいま我が家はグリーンに囲まれています。オンライン背景でもお客様が目で楽しめるように、画面に映る場所に緑を配置したり、私側からも楽しめるように小分けにお花や植物たちを飾っています。

オンラインで仕事をする上で「背景」って私にとっては大切な大切な商品の一部。平面な画面で「自分っぽさ」を出せるビジュアル部分は、私本人と背景。この2つしかありません。

「私はこんな人間です」って100回文章でSNS投稿するより、ビジュアルをたった一回お見せする方がよほど人に訴えるものは大きくて、それくらい「見た目」って人の脳裏に焼き付くものです。

せっかくお金を払ってセッションを受けてくださるクライアントたちが、少しでも心地よく過ごしてほしい思いもあって背景には気を遣っています。 

そう。みなさんが日々生活をされていて「素敵だな」と感じる人や場所、ものには必ず細部まで意識が届いているはずです。 

私から見えるところにはコデマリを飾っています。大好きな植物の一つです。


 
有料でサービスを提供されている方は、背景をぼかさないでほしいなぁと、毎日色んなところで私は思っています。

背景に映るものから、その方のライフスタイルや大切にされている価値観、センスまで垣間見れるから。このビジュアル情報ってお客様側にしてみると、あなたという人を理解していくうえで、とても大切な要素になります。

このコラムを読まれる方の半数はギクっとされると思うんです。でも、人はセッション内容「だけ」にお金を払ってるんじゃなくて、その人が作りだす全てに対価を払っていると思っています。少なくとも私はそうです。 

尊敬する起業家さん、今私が複数受けているサービスを提供してくださる方は全員、もれなく背景は素敵ですし、少なくともお客様から見える範囲を意識されている方ばかりです。
 
もちろん意図があってバーチャル背景を使ってお仕事をされている方もいらっしゃるし、それを面白さや価値としてされてる方もいらっしゃるでしょう。でも「意図なくぼかす」は色々とのびしろありと私は感じます。 

季節によって変化させていきます。画面を眺めるお客様にとっても目にも楽しいですよね。

 

オンラインをメインにお仕事をしているならば、「PCを開く固定の場所」が決まっているはず。見える背景はきっとある一角です。家を丸ごと綺麗にしなきゃいけないわけじゃなくて、PCを使う後ろ1~2メートルの場所にまずは気を使うだけでOK。

我が家も6歳児と暮らしているので、おもちゃで散らかった場所もあるし、生活感がたっぷり出ていてお見せできない箇所もあります。ですが、「お仕事をする背景のエリアはママの場所だよ」と子供に伝えることで、ここには息子もおもちゃはもってこなくなりました。何も凝ってない壁でもいいから、お仕事エリアの一角は、隠さないで欲しいなって思います。

  
実際継続サービスに繋がらないとお困りの方は、自分が認識している理由じゃないところで、人が集まらない理由がある気がします。その一つがzoomの画質や背景かもしれません。 

「人」で選ばれていきたいなら、色々とこだわって楽しんでみてください。 

関連記事

  1. 長期コーチング「Career Deign Coaching」…

  2. 人は見当違いを起こす生き物

  3. 暮らしと仕事を線引きしない手帳使いが、心地いい

  4. リクエスト上手になれば人生がうまくいく

  5. DAY2 /「 書く」ことが安定経営につながる理由

  6. 「頑張りすぎている」と感じたらこのフレーズを思い出してほしい…

Profile

キャリアデザインコーチ
美甘 敦子 Atsuko MIKAMO


スターバックス、ANAの客室乗務員を経て、2019年、キャリアデザインコーチとして起業。得意のSNSライティングを活かしInstagram、ブログで発信を始めると、起業半年で国内外からお問い合わせが絶えず、講座はたちまち満席に。


「集客が難しい」と言われるコーチングで、オリジナル講座を含めて一年半で延べ150名以上に開講。所属するコーチングファームでは、2021年上半期のBest of Coach で2位に選ばれる。


また、「お客様の共感を呼ぶライティングを学びたい」と、クライアント様から多数のリクエストを受け、今春よりSNSライティング講座をリリース。リピーター・口コミも多く、クライアントと継続的に信頼関係を築くスタイルが特徴。


Information