暮らしと仕事を線引きしない手帳使いが、心地いい

この秋から「ほぼ日手帳」を使い始めました。国内の利用者は82万人で、最も使ってる人が多い手帳だそうです。私も20年前からほぼ日手帳の存在は知っていましたが、使うのは初めて。なぜこのタイミングで使い始めたかというと、ほぼ日手帳の生みの親、糸井重里さんのこのメッセージに心をググッと動かされたからです。

LIFE is PRESENT・・ PRESENTという言葉には贈り物、と現在という二つの意味がある。
手帳は手で書くもの。手書きと今日が交わるところに、贈り物という言葉がぴったりとはまる気がした。」 

こんなメッセージに続いて、糸井さんは以下のように表現されています。

・・・・・・ 

生きることがプレゼント。

2度とない今日という日を手帳に書き留めておいてください。 

LIFEは、どきどきと鼓動しているいのち。

LIFEは、ひとそれぞれのかけがえのない人生。

LIFEは、1日1日の暮らしそのもの。 

LIFEは、いまそのとき。

LIFEは、今そのときという贈りもの。

あなたのLIFEのBOOKを持とう。 

・・・・・・ 

私はこのメッセージに心を奪われました。「そうだ。私がやりたかったのって、毎日を慈しむこと。仕事・それ以外ってパツンと切り替えるのではなくて、「今日」という日を純粋に楽しみたいんだ。」と。

 

来年の手帳の発売日9月1日に、神保町にあるほぼ日手帳の直営店に行ってきました。会場はほぼ日ファンで盛り上がっていました! 

 

起業をして4年目。懸命にここまで走り続けてきたけれど、少し立ち止まって仕事の捉え方、毎日の過ごし方を見直したいと思っていたところで、そんな私の思いにピタッとはまったのがほぼ日手帳だったのです。 

手帳は色んな種類があるんですが、私は大きなサイズで、1日1ページ自由にかける白紙スペースのあるタイプにしました。その白紙スペースには、仕事・暮らし・遊びの中で感じたことや、おいしかった料理のレシピ、息子と行った遊園地の半券を貼り付けるなど・・もう全てを一緒くたにして毎日のことを綴っています。これがとにかく心地よくって! 

 

遊びから仕事のアイディアが生まれることもあるし、仕事での気づきが生活に反映することだってある。手帳を、日々のスケジュール管理や仕事のトラッキングのために使うのではなく、今日は何をどう感じたか?明日をどう過ごそうか?もっともっと自由に表現しながら活用したいな。もう一人の自分というか、親友というか。そんな位置付けで、手帳と向き合いたい。 

そうそう、毎日の白紙ページには、著名人や糸井さんの一言メッセージがページの左下に添えられてるんです。対談でのワンフレーズ、ある本からの抜粋などがこんな感じに。 

 

その一言を探してたわけじゃない、検索しようとしてたわけじゃない。でも、今の自分にとって重要な意味をもつメッセージと遭遇することもあり、その偶発的な喜びがあるのもまるで人生みたいで面白いなって。その言葉にハッとされられることも多くて、毎日ページをめくり、ワクワクしながらその文章に目を通すのが日課になっています。

ほぼ日手帳。来年を待てずに9月から使い始めて1ヶ月。より暮らしも仕事も密度が濃くなった感じがあるのですが、手帳のおかげかな?これから私の大切な相棒になりそうです。 

 

関連記事

  1. 人は見当違いを起こす生き物

  2. 長期コーチング「Career Deign Coaching」…

  3. 「なんだか感じがいい」は細部に現れる

  4. 先っぽに意識を向ける 

  5. 103回のラジオ放送で最も聴かれたテーマ「仕事を早くするため…

  6. 「THE PARTNER 」 対面講座を開催しました 

Profile

キャリアデザインコーチ
美甘 敦子 Atsuko MIKAMO


スターバックス、ANAの客室乗務員を経て、2019年、キャリアデザインコーチとして起業。得意のSNSライティングを活かしInstagram、ブログで発信を始めると、起業半年で国内外からお問い合わせが絶えず、講座はたちまち満席に。


「集客が難しい」と言われるコーチングで、オリジナル講座を含めて一年半で延べ150名以上に開講。所属するコーチングファームでは、2021年上半期のBest of Coach で2位に選ばれる。


また、「お客様の共感を呼ぶライティングを学びたい」と、クライアント様から多数のリクエストを受け、今春よりSNSライティング講座をリリース。リピーター・口コミも多く、クライアントと継続的に信頼関係を築くスタイルが特徴。


Information